読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用の夕べ

自転車と映画と

札を手渡しさえすれば自転車は手に入るが

自転車 サイクリング

 

f:id:myahgo_ultra:20160509164232j:plain

札を手渡しさえすれば自転車は手に入るが、

この所有物を完全に理解するにはわたしの全人生が必要だ。

ジャン=ポール・サルトル

ぼくは今ここに”ある”ってだけでとくに標すようなことなんてなにもない、みたいなことをうじうじと、もしくは悶々と考えておる若人にそんなことは実際どうでもよいのだから自転車にのっておけ。とジャン=ポールサルトールはやっぱりフランス人なので鼓舞したわけなのだけれども、今年もまた行きつけみつけの自転車屋さんが主催するキャノンボールライドというイベントに参加して150kmを走破してみるとやっぱりフランス人はよいことをのたまうのだなぁ。と実感するのは、まぁー余計なことが頭からぬけて心地よい脚の痛みだけがあってそれでもペダルをこがなくてはゴールにたどりつけないのでほらやっぱり、ぼくは実存する。Dose the body rule the mind.-Morrissey-ってこととなり、そりゃー楽しいけーに決まっちょるじゃろ。で話は終わるはずなのであった。

 

myahgo-ultra.hatenablog.jp

 さて、年に一回おこなわれるキャノンボールライドは100、150、250kmの3部門があり昨年より150km部門の参加を自分自身に義務づけておってまぁ、もうちょっと距離をのばすことは能力としてできなくもないが他人さまに迷惑をかけないってことを考えると上限距離だな。と考えていたのだけれども、今回走り終え完走の証である自転車屋さんより給された弁当を食べているときおい、物足りないぞ。みたいな感じがあってそれにメインイベントはあくまで250km部門だし今年は若人の参加人数もおおかったらしいし、と妙な競争意識が働き250が250。みたいなむくむくと自分の中で盛り上がっていった。。。。。気がしたのだけれども、こうして宅につきパソーコンをカッチカチやっていて冷静になってみるとわたしは若人ではないしいまだ脚も痛い。Does the mind rule the body.-Morrissey-ってことで、わたしはまだあまりこの所有物を理解していないことに少しだけ反省をするものの来年もまた参加したいイベントのお話でした。

f:id:myahgo_ultra:20160509170953j:plain

サルトールと1960年代つながりということでアタマの写真は森山大道ふうに加工してみました。いかがでしょうか。おぉ、私のサイクールスタイルです! カッコイィ。かね?