読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用の夕べ

自転車と映画と

2016Book of the yearと映画

映画 自転車

f:id:myahgo_ultra:20161224170859j:plain

メモによれば、都合33冊と21本。こんなにもまぁ書籍及び映画にふれなかった年はここ20数年なかったといってもよいぐらいなのでなかなかベストをあげることにためらいがあるけれども備忘録的意味合いで次の4冊。近藤史恵スティグマータ」。定番自転車小説の新作。チームのエースだった選手がアシストにまわる場面が印象的。レックス・ハッチンソン「良いトレーニング無駄なトレーニング」。自転車の練習に大変役立った。と思う。クリストファー・マクドゥーガル「BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”」。裸足、もしくはそれに近い靴で走ることを説いていることとおじぎ乗りでフラットペダルを推奨していることに近接点あり。たしかにランしたくなるおもしろさ。小林信彦「おかしな男渥美清。ロケで騒いでいた若者たちを黙らせる渥美清のコワさ。映画は1点のみ。う、さみしい。宇宙人ポール。鳥食べるところで爆笑。来年はしっかり映画にふれようと反省。そうそう、グラント・ピーターセン「ジャストライド」はワースト。期待したんだけどな。翻訳が読みづらくそもそも無内容。以上。