読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用の夕べ

自転車と映画と

変速ギアは45歳以上の人たちのものだ!

f:id:myahgo_ultra:20160717092011j:plain

 こん度よーやっとコンポーネントを全交換、10から11速化になることとあいなった。現在シマーノの11速セットにはイチマルゴ、デュラエースアルテグラの三種が用意されておって、アルテーグラ。アッルテグラ。アルテグーラと大きく声に出していってみると唇に優しいし語呂の感じがよいのでアルテグラにした、といっても誰も信じないことは明々白々でイチマルゴは使っておったしデュラエースは端的にいって分不相応と思い、やっぱりアールテッグラしかなくまぁまぁ見栄えもよいということもあるしね、とへらへらと皆に同意をもとめることもいとわないが、それに全交換となるとちまちました小遣い程度の額ではなかったわけもあり無粋を承知でひとつ自慢したい。

やっぱりクランクは自転車の顔だね!

f:id:myahgo_ultra:20160717185951j:plain

さて、私はおじぎ乗り風を試行錯誤しておる最中であり、かの理屈においてはクランクは長ければ長いほどよいとのことでーテコの原理だなー、その伝にならい175mmを選択した。これでブーンッとペダルをぶん回すのが幾分楽チンになったはずである。だったら男ギアの前53-39後ろ12-25とかにしろよって話だが変わらぬ50−34Tのコンパクトを選択したのはいつも通っている峠のことを考えたからで後ろも高校生ギアの14-28tをつけた。しかれど、これはこれは都合よくできたクロスレッシオであっていちおう構成歯数をあげると、14-15-16-17-18-19-20-21-23-25-28。で、うっほっほ。これで僕はヒルクライーム、峠のチャンピオンさ! ぐらいの昂奮フィーバーしているのである。ところで今回のタイトルを叫んだのはツールドフランスをつくったアンリ・デグランジュでーまたフランス人だε-(;-ω-`A) フゥ… ー、これには続きがあり「ディレイラーの技術より筋肉の強靭さで勝利するほうがいいだろう?わたしたちはみんな軟弱になっている」。その通りである。