器用の夕べ

自転車と映画と

Ksyrium Pro USTは、もたらします。

f:id:myahgo_ultra:20180415144459j:plain

 

「自転車に乗れば乗るほど、いいホイールが欲しくなる」グレーヴィーは静かに言った。

 

 こん度、キシリトールプロもといキシリウムプロUSTチューブレスを手に入れた、つまり大枚をはたいてしまったのでそんな資格なんぞ私ごときにあるはずもありませんが専門誌および他人のブローグでよく見かけるインプレシオンの真似事をこれから書き散らかそうと思うのだけれども、はて、現状満足していたはずのホイールをなぜ新調しようなんてことになったのか。なんてところから始めると事の発端は行きつけみつけの自転車屋さんがマーヴィックの試乗会をやらかしてしまいついついその場の雰囲気におされキシリウムエリートUST をはいて乗ってみたところ、あれまーっはっきり言って別次元!と呆けるぐらい感動し欲しくなった。とまあ、端的にいって自転車あるある話のひとつであってそれでは一体どんなところに呆けるぐらい感動したかっていうと振動吸収性と巷間言われておるやつで道路ってのは端っこ辺りはヒビが入っていたり波うっていたりするものだがスピードが遅かろうが速かろうがうまーくスールスルッって感じで通過されるってのが特段素晴らしくローングライドにチャーレンジした際の疲労の軽減につながることが容易に想像されうるし、これから老いさらばえていくばかりであるマイボーディーを考えるとメーリット以外思いつかず、でわ、と買った。それも上位ホイールであるプロUSTを。だって昔から黄色いスポークに憧れがあったのでこの際に、というわけなのであった。

f:id:myahgo_ultra:20180415150652j:plain

うーん、赤と黄色のバッドマッチング!

さて、そんなキシリトールプロUSTもといキシリウムプロUSTについてだが試乗会でのエリートとは劇的に変わった!速くなった!といいたいところだがそんな微細な違いは残念なことにわかるはずもなくあい変わらずスールスルッと路面のでこぼこを吸収してくれておってたいへん気持ちがよい。ちなみに空気圧はフロント、リアともに5.4bar。タイヤを力いっぱい押すとへこむ圧である。マイマーヴィックというアップリで体重とかなんやらとかを入力して出た数値ではあるが、登りにはいるとうーん若干。ちょいと重く感じてしまう、ないしはテンポが悪くなるというか、グリップが効きすぎているような、とか、タイヤと路面がくっついているような、とか、スローパンクしたのではなかろうかと疑ってしまうような、とか、単に車重が増したような、とかいろいろ形容したくなる感じの悪さである。くやしい。乗り心地と登りの軽快さは相殺されるのか? 次回は空気圧を高めに、とはいえ上限は7barなので6.4barぐらいを試してみたい。空気圧を変えて乗るのはチューブレスホイールの楽しみ方のひとつですよ、と行きつけみつけの自転車屋さんで最近店長に昇進したイナダくんも言っていたことだし。

 Ksyrium Pro USTは、「快適さとパフォーマンス」をもたらします。(MavicのHPより)

 

f:id:myahgo_ultra:20180415144630j:plain

 別の機会にヘルメットも新調してました。アールベルト・コンタドールと同じボントレガーのヴェロシスMIPS付きの赤(ちなみに前のやつは蛍光イエロー)。コストパフォーマンスに優れてはいるもののかぶり心地はアジアンフィットにもかかわらずまぁまぁまぁ。あご紐まで赤なのが恥ずかしい。でも2つとも慣れたら気にならない程度の問題だ! 5点満点で3点。これから3年間よろしくっ!

 

夢のロードバイクが欲しい!

夢のロードバイクが欲しい!

 

 

楽しいサイクルジャージの夕べ2018

f:id:myahgo_ultra:20180114143008j:plain上画像は-ProCyclingStats-から持ってきました。

 

キャ、キャ、キャノンデールがないっ!

よーやっとこさwebサイト”cyclist"のコラム「マルコさんのつれづれイタリアーノ」で恒例のジャージ話がアップデェートされ、それにお追従させていただくようになってはや4回め。2018年はずいぶんと様変わりしたチームが多く他人様のジャージを鑑賞することが大好物である私にとってはたいそううれしいシーズンインとなりました。本年も「私はそのジャージを着用せしめ公道を疾走できうるのか?」という観点でクダをまいてみたいな。と思っておりましてとりあげる順番はおおよそマルコさんに準ずることといたす。

f:id:myahgo_ultra:20180204112625j:plain

あんまりなことに茫然自失するウーラン叔父貴

 クイックステップフロアーズは黄色のアクセントが格好よすぎて時速40kmキープで平坦を軽やかに快走できる人向けで私には恐れ多くて着るのがはばかられEFエデュケーションファースト・ドラパックが別の意味ではばかられるのはウーランの顔からも想像されえることでトラックのお兄ちゃん方にからかわれついでに喧嘩を売っているようにしか見えないのにうって変わってモビスターの水色はたいへん好みであって是非とも着用させていただきたく近所の峠で自己ベスト!ってぐらいなのだけれどもアスタナは、ま、どうでもよくバーレーンメリダとかトレック・セガフレード及びBMCレーシングチームは改悪されて去年褒めたことを後悔するする始末でまーUAEチーム・エミレーツは決然たる意志でもって却下。いったい全体どういう自意識をもてばこのジャージを着られるのか知りたいのはチーム サンウェブも同様ではありつつ反対にやっぱマイヨジョーヌカラーってカッコいいよねってのがロットNL・ユンボ。それでも時速25kmキープで勘弁してほしい。カチューシャ・アルペシンロット・スーダルはイイネ!マークをフェイースブック上でクリックしてあげたいが実はやってもいないしちょいと女子向け感がありおっさんが着るには無理があるように思えキッテルとグライペルは本当に着ているのだろうかと疑いたくなるぐらいでミッチェルトン・スコットとかボーラ・ハンスグローエとかディメンションデータが端的に言って地味すぎて面白くないことと対照的ってところにアージェードゥーゼール ラモンディアールですよ。もーずっと前からいいよー、いいよーって言ってんだろ!と己の先見の明を自慢したいくらいにいっそうスマートになっておって平坦も峠もドンとこい、自転車にまたがることへの高揚感につつまれておったにもかかわらずチーム スカイの残念無念な落ちぶれ感はどうよ?存在感がなさすぎて後ろを走る自動車に気づいてもらえず病院送りかも、だしグルパマ・エフデジはマルコさんの感想と同様ひどいデザインなので全く以て着たくない。あ、ちょいとひどく言い過ぎた。失礼。まー、あーだーこーだと御託を並べても実のところレプリカジャージを着ようなんて思ったことはないのです。だって来年になったらチーム名変わるかもじゃん。キャノンデールグリーン好きだったのにさ。

f:id:myahgo_ultra:20180204124012j:plain

水玉がカワイイッ、ロットスーダル

ところで、わたしはサイクルイベント会場で毎度毎度よくウロウロして他人のジャージを観察するのですけど、ヒルクライム系はオリジナルチームジャージの人が多くロングライドだといろいろなブランドが群雄割拠しておる様子がわかりますね。やっぱりパールイズミが多いかな、3割?ってぐらいの印象。肝心の自転車ではこれはもうトレック1強! どっちの方に向いても必ずトレック。私の見た範囲のおはなしです。